インシデントレベル別・報告の実例

インシデント報告の例; 【レベル0】⇒ 事前に気が付き、エラーは患者さんに到達しなかった(ニアミス)。

インシデントの内容 医師より採血指示あり、針入れを準備しようと針入れを持ったところ 針蓋に針が刺さっていることに気が付かず持ってしまい自分の指に針を刺してしまった。

インシデント報告の例; 【レベル1】⇒ エラーは患者さんに到達したが、実害はなかった。あらたな処置や治療を必要としなかった。

インシデントの内容 外来診療後、クレジットカード使用の患者さんのクレジット決済会計をしなかった。
患者さんの保護者に決済会計漏れを伝え謝罪し、次回診療のカード使用時に計上させていただくことに承諾を得た。

インシデント報告の例; 【レベル2】⇒ エラーは患者さんに到達し、自院で可能な処置や治療を必要とした。

インシデントの内容 新規患者登録を行った際に保険証を別の患者さんのお薬手帳に入れて返してしまった。

インシデント報告の例; 【レベル3】⇒ エラーは患者さんに到達し、他院への紹介や入院を必要とした。

インシデントの内容 8歳男児。昨夜からの発熱、嘔気で来院。軽度の咽頭発赤があり、溶連菌迅速検査が陽性だったため、咽頭痛の訴えはなかったが、抗菌薬を処方し帰宅させた。本日、高熱(40℃)が続くため再診。母親から「以前に尿路感染症で入院したことがあり、それではないか」と言われ、検査をしたところ、採血でWBC 16,000, CRP 17.6と高値で、検尿でも蛋白、潜血、白血球反応が明らかに陽性だった。上部尿路感染症と考えられ、紹介入院となった。

※背景や脈絡など詳細をご覧になりたい方はこちらから施設登録を行なってください。